SSブログ
前の10件 | -

AMG S63 802馬力

メルセデスAMGの新型 Sクラス「S 63」
802馬力PHEV

01.jpg

メルセデスベンツは12月6日、最上位4ドアサルーンの『Sクラス』新型の高性能電動モデル、メルセデスAMG『S63 Eパフォーマンス』を欧州で発表した。

02.jpg

0~100km/h加速3.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を可能にする。オプションの「AMGドライバーズパッケージ」では、リミッターが290km/hに引き上げられるが潜在能力は300Km/hを大幅に超えるだろう。

03.jpg

直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力612hp/5500~6500rpm、最大トルク91.8kgm/2500~4500rpm)に、電気モーター、蓄電容量13.1kWhのリチウムイオンバッテリー、可変トルク配分式4WD「AMG パフォーマンス4MATIC +」を組み合わせたもの。電気モーターは、最大出力190hp、最大トルク32.6kgmを引き出す。PHEVシステム全体では、802hpのパワーと、145.8kgmのトルクを発生。

05.jpg

贅を尽くした後部座席。自動車に備わる快適装備は全て装備。

04.jpg

コクピットはよりデジタル化が進んだ。超高級サルーンだがD型ステアリングが一級性能の証。

emblem_mercedes-benz.jpgm_m_amg.gif
日本未発表モデルのためインポーターリンクは省略します。

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(0) 
共通テーマ:自動車

ルノー×上越国際スキー場

ルノー、上越国際スキー場開設55周年記念キャンペーン
「アルカナ」を抽選で1名にプレゼント

01.jpg

ルノー・ジャポンは、開設55周年を迎える上越国際スキー場“上国”が実施する記念キャンペーンに協賛し、2022年12月3日~2023年4月2日のキャンペーン実施期間中、「アルカナ R.S. LINE E-TECH FULL HYBRID」をホテルグリーンプラザ上越に展示している。

また期間中、上越国際スキー場公式Web内のキャンペーン特設ページ、もしくは車両展示会場やホテル内、スキー場内に設置されるポスターに掲載されているQRコードから応募すると、抽選で1名にアルカナ R.S. LINE E-TECH FULL HYBRIDをプレゼントする。

上越国際スキー場は、今シーズンで開設55周年を迎える国内最大級のゲレンデ。ウインタースポーツを愛する全ての人々へ、スキー、スノーボードだけでなく、雪のゆうえんちなど雪山の楽しさ、自然の素晴らしさをライフスタイルの要素として提案している。


emblem_Renault.jpg ルノー・ジャポン https://www.renault.jp


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。


輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

新型レンジローバースポーツ

新型「レンジローバースポーツ」
比類なき上質と高い走行性能を手に入れた

01.jpg

新型「レンジローバースポーツ」の日本初上陸を記念して「THE NEW RANGE ROVER SPORT EXCLUSIVE PREVIEW」を開催した。

第3世代目となった新型レンジローバースポーツは、ランドローバー史上もっとも先進的な最新テクノロジを採用して、高い存在感と直感的なドライビングレスポンスを兼ね備え、走破性に長けたモデルとなっている。

02.jpg

デザインはモダニスト的なアプローチを全面的に取り入れながら、スポーティさと確固たるキャラクターを表現。ダイナミックなスタンスや筋肉質なプロファイルなど、世代を超えてひと目でレンジローバースポーツと分かるDNAを継承。

ボディサイズは4960×2005×1820mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2995mm、トレッドは前1700mm/後1705mm、最低地上高216mm、車両重量は2530kg(5人乗り/ダイナミックレスポンスプロ/パノラミックサンルーフ装着車)、最小回転半径6.1m。

04.jpg

レンジローバースポーツでは初となる23インチホイールが採用された。タイヤはピレリのオールシーズンタイヤ「スコーピオンZERO」で、サイズは前後とも285/40R23 111Y。

03.jpg

日本へ導入するパワートレーンは2種類で、300PSのディーゼルエンジンと400PSのガソリンエンジンで、どちらも48Vマイルドハイブリッドを搭載。2023年からはPHEV(プラグインハイブリッドモデル)も導入する予定。

emblem_landrover.jpg
ランドローバー https://www.landrover.co.jp/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

次期Eクラススパイショット

メルセデス・ベンツ 新型Eクラスのスパイショット

01.jpg

メルセデス・ベンツ Eクラスが、2023年にフルモデルチェンジされる。 新しいEクラスはV8エンジンが廃止され、直6と直4のみのラインナップとなる予定。

02.jpg

ドアハンドルはフラッシュタイプ。ホイールベースは20mmほど長くなるようだ。

03.jpg

ホイールベースがW213(2,940mm)から20mmほど長くなると言われている。また、全幅も拡大される可能性が高い。 サスペンションにはエアサスがオプションで用意され、後輪ステアリングも搭載される。

04.jpg

グリルが大型化され迫力が増した印象。

新しいEクラスにも、ステーションワゴンタイプのバリエーションが用意される。 また、それを利用したオールテレーン仕様も追加される見通し。

05.jpg

セダンと同様、かなり大径のホイールを履いている。

2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボのM254は、最もハイパワーな仕様で272ps・400Nmを発生。
2.0リッター・直列4気筒ディーゼルターボのOM654は、265ps・550Nmを発生する見込み。
いずれのエンジンにも48Vマイルドハイブリッドが搭載される。

3.0リッター・直列6気筒ガソリンターボのM256は、48Vシステムを利用した電動スーパーチャージャーでも過給され、ターボラグを低減している。このエンジンは最大で435ps・520Nmを発生。
3.0リッター・直列6気筒ディーゼルターボも同様の構成で、最もハイパワーな仕様では340ps・700Nmを発生。これらの直6エンジンにも48Vマイルドハイブリッドが組み合わされている。

驚くべきことに、AMGは4気筒のみ。
エンジンは2.0リッター・直列4気筒のM139で、421ps・500Nmを発生する。
このエンジンに電気モーターが組み合わせたハイパフォーマンス・プラグインハイブリッドによって、システムの総出力は600psオーバーとなる。また、EV航続距離は100kmを超える。

emblem_mercedes-benz.jpg 開発中車両のためインポーターリンクは省略します。


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。


輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(2) 
共通テーマ:自動車

アルピーヌ A110 R

アルピーヌ「A110 R」期間限定受注
価格は1500万円

01.jpg

アルピーヌ・ジャポンは、ラインアップ中もっとも過激な走行性能を備えた「A110 R」の受注を12月1日から開始。ボディカラーは27色、ブレーキキャリパーは5色、ステアリングは左右から選択可能。

日本導入台数については期間限定で購入申込を受け付ける販売方法が採用され、12月1日11時~11日23時59分まで購入申し込みを受け付け、申し込みが販売台数を超えた場合は抽選となる。

02.jpg

A110 Rは、F1を始めとするモータースポーツから得られたノウハウを最大限に取入れ、走行性能をさらに高めたモデル。新形状のディフューザー、スワンネックタイプのリアスポイラーマウント、サイドスカート、エアインテーク付フロントボンネットなどの採用により、エアロダイナミクスを突き詰めた。

03.jpg

A110 Sよりも車高が10mm低く、ロール剛性が高められた専用シャシーには、さらに10mm車高を下げることができる車高調整機能と、減衰力調整機能が付いたダンパーが組み合わされる。また、負荷の大きい前輪のブレーキを冷却するための前輪ブレーキクーリングダクトも装備されている。

06.jpg

カーボン製のボンネット、ルーフ、リアフードに加え、フルカーボンホイール、6点式固定レーシングハーネスを備えたサベルト軽量フルカーボンモノコックバケットシートなど、軽さと強度に優れたカーボンを車体各所に使うことで、さらなる軽量化が図られ、車両重量は1090kgを実現した。

05.jpg

フルカーボンモノコックバケットシートを採用。

04.jpg

スパルタンなコクピット。

alp.jpg
アルピーヌ・ジャポン https://www.alpinecars.jp/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

フィアット 商用車導入

フィアット 「デュカト」を日本市場に初導入
世界で愛される商用車

01.jpg

フィアットは プロフェッショナルの商用車「デュカト(DUCATO)」の2022年モデルを発売した。日本に導入されるのは、標準モデル「L2H2」、ロングホイールベースモデル「L3H2」、ロングホイールベースでハイルーフ仕様「L3H3」の3バリエーションで、価格はL2H2が512万5000円、L3H2が530万円、L3H3が547万5000円。

02.jpg

日本市場に初導入されるデュカトは、広い開口部を備えたスライディング・サイドドアと横開きのリアドアにより、荷物の積み下ろしを容易に行なうことができる商用車。

ボディサイズは、L2H2が5410×2050×2525mm(全長×全幅×全高)、L3H2が5995×2050×2525mm(全長×全幅×全高)、L3H3が5995×2050×2765mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースはL2H2が3450mm、L3H2とL3H3が4035mm。最大積載重量は、L2H2が1300kg、L3H2が1250kg、L3H3が1200kg。

03.jpg

最高出力180HP、最大トルク450Nmを発生する第3世代の2.2リッター「MultiJet 3」ディーゼルエンジンを搭載、トランスミッションは最新の9速ATが組み合わされる。ボディ骨格には「オールフォワード」アーキテクチャーを採用し、前輪駆動の利点を活かした広い荷室空間と多様なアレンジにより、優れた快適性と積載性を実現するとしている。

04.jpg

05.jpg

乗用車以上のクオリティをもつコクピットは大型モニターを備える。

emblem_fiat.jpg https://www.fiat-auto.co.jp/professional/ducato/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(1) 
共通テーマ:自動車

アルピーヌA110Aアソンソ

アルピーヌ「A110 R フェルナンド・アロンソ」
購入申込受付開始 価格2400万円

01.jpg

アルピーヌ・ジャポンは、F1世界選手権で2度のワールドチャンピオンに輝いたアルピーヌF1チームドライバーであるフェルナンド・アロンソ選手の名前を冠した限定車「A110 R フェルナンド・アロンソ」を発売。

02.jpg

限定車はフェルナンド・アロンソ選手の優勝回数と同数の32台のみ生産され、日本での販売台数は1台のみ。ボディカラーはブルーレーシングマットで、ハンドルは左右選択可能。価格は2400万円。

03.jpg

04.jpg

4-4.jpg

ベースはA110シリーズでもっとも過激という「A110 R」で、2トーンに塗り分けられたフロントボンネット/リアフード/リアバンパーや、フェルナンド・アロンソ選手をイメージしたイエロー/オレンジ/ブルーの専用エンブレムが配される。

07.jpg

2トーン仕様とすることで、標準モデルとの差別化が図られている。

08.jpg

ブレーキキャリパーはオレンジ仕様となる。

05.jpg

ボンネットのダクト付近にフェルナンド・アロンソ選手のサイン。

06.jpg

リアバンパーにもサインが配される。

12月1日11時~11日23時59分まで購入申し込みを受け付け、申し込みが販売台数を超えた場合は抽選となる。また、購入者には特別記念品として、フェルナンド・アロンソ選手のヘルメットがプレゼント。


alp.jpg アルピーヌ・ジャポン https://www.alpinecars.jp/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

フィアット500X仕様変更

フィアット、「500X」仕様変更
1900年代初頭に導入したシンプルなエンブレムを復活

01.jpg

フィアットは11月29日、コンパクトSUV「500X」を仕様変更して発売した。

07.jpg
「500X スポーツ」

500Xは、ひと目で「500」ファミリーと分かる愛らしいデザインと利便性の高い4ドアボディ、優れた積載性やユーティリティを兼ね備えたコンパクトSUVモデル。

フィアット「500X クロス」

02.jpg

03.jpg

06.jpg

500Xクロスはドアミラーカバーをボディ同色からブラックへと変更し、タイヤを17インチから18インチへとサイズアップすることで、より精悍な印象に。500X スポーツは、自動防眩ミラーが標準装備となる。

04.jpg

今回の仕様変更では、フィアットのロゴを従来の円形フレームからシンプルなシルバーへと変更するとともに、すでにEVモデル「500e」に採用している、1900年代初頭に初導入したシンプルでミニマリスティックな細い文字のエンブレムを復活させた。

価格は「500X Cross(クロス)」が418万円、「500X Sport(スポーツ)」が423万円。


emblem_fiat.jpg フィアット https://www.fiat-auto.co.jp/

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

Audi RSパフォーマンス

アウディ RS6アバント・RS7スポーツバック
「パフォーマンス」モデル

01.jpg

アウディが「RS6アバント・パフォーマンス」「RS7スポーツバック・パフォーマンス」を発表。 RS6およびRS7のエンジンパワーをさらに引き上げ、ハンドリングを向上させた高性能モデル。また内外装にも独自のアクセントが施されている。

02.jpg

RS6アバント・パフォーマンス

03.jpg

新しい22インチホイールは従来品よりも1本あたり5kg軽量。

04.jpg

写真のモデルのボディカラーは新色のマットデューシルバー。

05.jpg

RS7スポーツバック・パフォーマンス

06.jpg

07.jpg

ボディカラーは新色のマットアスカリブルー。

新しいセルフロッキングセンターデフが搭載。通常はフロント40%、リア60%というトルク配分だが、スリップが発生した際にはフロントに最大70%、リアには最大85%までトルクを配分可能。

09.jpg

4.0リッター・V型8気筒ツインターボは、ブースト圧を2.4から2.6に引き上げたことにより、最高出力630ps、最大トルクは850Nmに増加。標準のRS6アバントおよびRS7スポーツバックと比較すると、+30ps・+50Nmの出力向上となる。 0-100km/hは3.4秒。ベースモデルが3.6秒なので、0.2秒速くなっている。最高速は300Km/hオーバー。

08.jpg

専用のインテリアはRSならではの精悍さ。


emblem_audi.jpg 本国発表モデルのためインポーターリンクは省略します。


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車

アストンマーティンヴァルハラ

アストンマーティン ヴァルハラ日本初公開
1億円オーバーのハイパーカー

01.jpg

アストンマーティン・ジャパンは4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載するPHEV(プラグインハイブリッド)モデルのハイパーカー「ヴァルハラ(Valhalla)」を日本初公開した。

02.jpg

ヴァルハラとは北欧神話に出てくる主神オーディンの宮殿の名前で、半神半人のワルキューレによって選別された戦士の魂が集められる場所のこと。ワルキューレの英語表現がヴァルキリーで、「V」のイニシャルを使うというのが共通項。両者の関係がよくわかる。

04.jpg

ボディ構造は、最大剛性と最小重量のためにフルカーボンファイバー製タブを中心に構築され、モノコックの重量は100kg未満。乾燥重量目標は1550kg未満となっている。F1参戦で得た知見を取り入れ、レーシングカーと同じスタイルのプッシュロッド・フロントサスペンション、インボードスプリング、ダンパーなどを採用することで、バネ下重量を削減。

03.jpg

リアにミッドマウントされた専用のV型8気筒 4.0リッターツインターボエンジンを搭載する新開発のプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレーンを採用。このV8エンジンは、これまでアストンマーティンに搭載されたエンジンの中で最も先進的でレスポンスが鋭く、最高のパフォーマンスを発揮するというもので、最高回転数7200rpm、800PSを越す出力を発揮。さらに前後アクスルに搭載した3基の電気モーターによる150kW(204PS)/400Vのバッテリー・ハイブリッドシステムによって増強され、トータルで1012PSものシステム出力を実現している。 0-100km/h加速2.5秒、最高速349km/h。

m_09-25734.jpgアストンマーティン https://www.astonmartin.com/ja/


ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

輸入車ランキング

ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(3) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -