So-net無料ブログ作成

アウディ 新型 RS7

アウディ、新型「RS 7 スポーツバック」初公開

48V マイルドハイブリッド+V8ツインターボで600PS!を発生

1.jpg

アウディは、新型4ドアクーペ「RS 7 スポーツバック」を「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」で初公開。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

V型8気筒4.0リッターツインターボ「4.0 TFSI」エンジンに48VMHEVを組み合わせた。最高出力600PS/6000-6200rpm、最大トルク800Nm/2050-4500rpmを発生。トランスミッションはトルクコンバーター式の8速ティプトロニックにクアトロシステムを組み合わせ、0-100km/h加速は3.6秒というスーパースポーツ並みのパフォーマンスを発揮する。250km/hで電子リミッターが作動するが、オプションで305Km/h以上の最高速度を引き出せる。

5.jpg

V型8気筒4.0リッターツインターボエンジンと48VのMHEV(マイルドハイブリッドシステム)が組み合わされる。エンジンの2番、3番、5番、8番のシリンダーを走行状況に応じて休止させる「COD(シリンダーオンデマンド)システム」を搭載。ベルト駆動式オルタネータースターターを用いるMHEVは22km/h以下の速度でアイドリングストップが作動。55km/h~160km/hでの走行中にアクセルから足を浮かせば、運転状況と「アウディドライブセレクト」の設定により、オルタネータースターターで最大12kWを回生発電し、搭載するリチウムイオンバッテリーに充電もしくは、エンジンを停止させたままコースティング(惰性走行)するかを車両が自動的に選択を行う。

6.jpg

ブラックパールナッパレザーを表皮に使用するRSスポーツシートを標準装備。大型パドルシフトも装備。

7.jpg

アウディバーチャルコックピットに映し出されるデザインは専用。どことなく80年代のB2クアトロが採用していたデジタルメーターに似ていると感じた。(筆者がその昔乗っていたクルマ)

安全装備は、
30種類以上のアシスタンスシステムが装備される。

ヨーロッパでは年末から販売が開始される。



emblem_audi.jpg
アウディ ジャパン株式会社https://www.audi.co.jp/



ランキングに参加しております。バナークリックをお願い致します。

nice!(2) 
共通テーマ:自動車